カテゴリー
未分類

注文住宅の思わぬ落とし穴

自分のアイデアを反映させることができる注文住宅ですが、以外なところに落とし穴がある場合もあります。それは、完成までの時間が長いことです。まず、契約までには約2~3ヶ月近くかかることがあります。更に、土地探しがスムーズにいけば良いのですが、もし時間がかかったら、それだけ完成までに更に時間がかかってしまいます。場合によっては、1年近くかかってもまだ土地が決まらない、なんてこともあるのです。

そして、打ち合わせのときに変更事項があった場合には、その分の時間も考えなくてはいけません。

それまで賃貸に住んでいた場合は、手続きの問題もあるため、住宅の完成期日はハッキリさせたいものです。

注文住宅を建てるときには、住宅が完成するまでの日数について考えておくことが必要です。

きちんとスケジュールを建てておいたり、万が一スケジュールをオーバーした場合などの準備をしておくと、後で慌てることはありません。

そして、予算をきちんと決めておいても、いざ住宅作りがスタートしてみたら、あらゆる面で費用がかかるため、予算をオーバーしてしまう可能性があります。最初は必要がないと思っていた設備も、打ち合わせの最中にやはり必要になり付け足したりすることもあります。

注文住宅を建てるときには、最初から予算がオーバーすることを想定しておくと、後で困ることはありません。また、どうしても予算をオーバーしたくないときには、ハウスメーカーにその旨を伝えておくと、変更があった場合にも、予算内でおさめることができるように調整してくれる可能性があります。まずは担当者に相談してみることにしましょう。

注文住宅を建てるときには、どうしてもデザインや機能性ばかりを意識してしまいがちです。ですが、それだけでは満足がいく注文住宅を建てることは難しくなってしまいます。

注文住宅を建てるために必要な時間や、費用などについても考えて、余裕を持った準備をしておくことが大切です。