安く注文住宅を建てるなら、廃番部品を

安く注文住宅を建てたかったら、大手の注文住宅メーカーは候補になりません。

安い注文住宅とはどういうものでしょう。

一つは、廃番になっている物を使うという方法があります。

たとえば、窓やお風呂などを廃番になっている物を使うと安く注文住宅を建てることができます。

もちろん、廃番になっているなら、それが壊れた時に取り替えることはできません。

そこは、割り切りだと思います。

安く注文住宅を建てるというのが一番のこだわりになるのなら、部品を廃番になっている物にするのはいい手段です。

このように、世の中と注文住宅は共通点があります。

つまり、注文住宅と世の中は、いい部分と悪い部分の二つの側面があるということです。

注文住宅を安く作るというのが目的なら、廃番になった部品を使うのというのはメリットになります。

デメリットは、部品が壊れた時に取り替えることができません。

ですので、小さい子供ややんちゃな子供がいる家庭はもしかしたら、この方法はやめた方がいいかもしれません。

しかし、大人が中心の家庭なら、注文住宅で廃番になった部品を取り入れるのはおすすめです。

本当に安い注文住宅を建てようと思ったら、この方法が一番メジャーだと思います。

物を大切にしたり、掃除が好きな人には良い方法のように感じます。

そして、注文住宅の魅力は自分の好きなように部屋を組み合わせることができることです。

たとえ、廃番の物をたくさん使った注文住宅になるにしても、部屋のつくり方は自由にできます。

大人2人、子供1人の注文住宅をつくるなら、広めのリビングがひとつと、大人2人が寝る部屋、大人1人の部屋、子供1人の部屋という風に自由に部屋を組み合わせてつくることができます。

注文住宅のいいところは、自分の予算に応じて自由に注文住宅を建てることができることです。

ただし、不動産に注文住宅メーカーを探してもらう場合、注文住宅を建てるのに、手数料含めて全体が1割くらい高くなります。

それでも、納得のいく注文住宅メーカーを教えてもらえるので、不動産はいいです。

ぜひ、自分が納得できる注文住宅を建てて欲しいです。