カテゴリー
未分類

家づくりでの時間配分とバランス

注文住宅での家づくりで、陥りがちな罠の1つは、家を作ることに没頭し過ぎてしまうことです。もちろんそうしなればならない状況に置かれるのは仕方がないのですが、その他の活動とのバランスも必要であり、それを疎かにすることはできません。例えば家づくりに一生懸命になり過ぎて、本業の仕事でミスばかりするようになったら、リストラされたり上司から厳しい目で見られてしまうということになりかねません。また家づくりにばかり時間を使うと、リラックスすることができずに、健康を害してしまうとか、病気になる、寝不足からくる不注意、こうした問題に直面してしまうことがあります。

注文住宅では、決めるべきことが膨大で、最優先すべきことであるのは確かですが、かといって他のことを無視してよいとか、そういうことではありません。家族の必要とすることや、親の世話、また友人への気遣い、こうしたこともそれなりにはできるようにしたいものです。その点でバランスを欠いてしまうと、悩みがさらに大きくなってしまうかもしれません。

さらにもっと難しいのは、家づくりのことで夫婦間でもめてしまうことです。これがあると、家づくりを続ける意欲を失うかもしれません。そうなると修復することが大変で、なんのために家づくりをするのか、モチベーションが大きく下がってしまいます。そのようなことを回避するためにも、コミュニケーションは大切ですし、辛抱強く、どんなことも投げ出さないという態度を示し続けることは、特に夫の立場にある人には求められてきます。

それでそれらをバランスよく取り組むためには、計画が必要であり、スケジュール管理をするようにしましょう。その日の予定、1週間、1ヶ月、あるいは3か月、と予定を決めてバランスよく行動できるようにします。忙しい中でも、リラックス時間を作ったり、家族のためにすることもできるし、充実しているという実感を得ながら家づくりも、他の事もしっかりして、自分を成長させる機会にできます。そして家づくりはゴールではなくスタートに過ぎないということ覚えておくべきです。