カテゴリー
未分類

注文住宅を購入する前に抑えておきたい事

マイホームを購入するなら庭付きの一戸建てで、しかも建売住宅ではなく注文住宅が良いと考える人は少なくありません。ですが一言で注文住宅と言っても、大きく分けて2つの種類に分ける事が可能です。それは、セミオーダー住宅とフルオーダー住宅という2種類だったりします。セミオーダー住宅は、予め用意されたパターンの中から選択し、それを組み合わせて好みの家を造り上げて行くという方法です。ベースとなる設計プランがかなり豊富に用意されていたりするので、上手く組み合わせる事で理想に近い家を手に入れる事も期待出来ます。一方のフルオーダー住宅は、間取りは勿論、使用する資材や窓の種類等、細かい部分まで指定して正に1から家造りを行う事が可能です。資金が豊富にあれば、それこそ完全に自分好みの世界に1つしかない家を完成させる事が可能です。一般的に注文住宅と言うと、自由度が高いフルオーダー住宅をイメージする人が多かったりします。ですが実際に注文住宅を購入する人の割合としては、セミオーダー住宅の方が多いです。というのも大手のハウスメーカーで注文住宅を建てるとなると、セミオーダー住宅となってしまうケースが多かったりします。そのため中にはハウスメーカーに注文住宅の相談に行き、こういったセミオーダー住宅をおすすめされて戸惑ってしまう人も珍しくないです。もっとも大手ならばセミオーダー住宅でも選択肢が豊富に用意されているので、上手く組み合わせる事でオリジナルな家を建てる事は出来ます。なのでとことん独自色を出したいという人でない限りは、セミオーダー住宅もおすすめ可能です。特に大手のハウスメーカーのセミオーダー住宅であれば、高品質な家が建つ可能性が高かったりします。ただし他にはないオリジナルな我が家にとことん拘るなら、やはりフルオーダー住宅で建てるべきです。ハウスメーカーの中にもフルオーダー住宅を建ててくれる会社も存在しますが、費用が高額化する可能性が高くなります。工務店に依頼した方が予算に関する相談にも親身になって乗って貰える可能性が高いので、おすすめです。