カテゴリー
未分類

こんな憧れの一戸建てに住みたいと思いました。

私のマイホームとしての理想としましては、家族で明るく楽しくなるようなマイホームが夢であるのですが、その中でも自分自身の趣味を反映できる自分だけの自室を持つことも夢であります。よく広々とした家でのパターンとしましては、自分だけの書斎があると言う点に非常に憧れます。自分だけの書斎がありますと、まずは、勉強は形からと言う形で、自分だけの書斎に入った瞬間に書物だらけの部屋で自分自身を奮い立たせる形で「勉強しよう!」と言うスイッチを入れることができる形となりますので、ですので、まずは、勉強部屋と言う名の書斎を作りたいと思っております。勉強部屋の中では、単に勉強するためのデスクを構えるだけではなくて、和を取り入れた骨董品を置いたり等、和を意識した半分がフローリングで半分が畳と言う形で、くつろぎたい時には、畳の部屋でくつろぐような感覚で、書斎を仕上げたいと思っております。それとは別に、趣味の部屋につきましても、男の憧れとしまして、趣味の部屋も作ることも重要であると考えております。勉強部屋と趣味の部屋を確立できれば、あとは、妻や子供達に部屋を自由に使ってもらえてもよいと言う考えです。妻としましては、理想のマイホームで重要な部分としましては、システムキッチンにすることにこだわっておりまして、やはり広々としたダイニングキッチンですと、料理が作りやすく、また、調理のしがいがあると言う形で、狭いキッチンでしたら、料理等ができない形となりますので、そう言った悩みからもやはり、ダイニングキッチンの方で素晴らしいと言う見方でありました。子供達につきましては、自分の部屋を共有する形で、使ってもらってもよいですし、やはり広々としたリビングが、子供達について、憧れの場所となりますので、そこで思いっきりゲームができるような空間が広くて、天井までの距離が極力高い空間を求めることができれば、子供達も思いきってゲームができるものとなります。