カテゴリー
未分類

新築の家づくりについて私が拘りたい点について

新築の家づくりで私が拘りたい点につきましては、まずは、既に購入できる建て売り住宅の場合における注意点としましては、同じ会社でもモデルハウスによりまして、建てられている家が異なると言う点であります。お気に入りのモデルハウスがどの展示場にあるかどうかと言う点を抑えてリサーチしてから行くのが良いと思われます。せっかく出掛けていっても、異なるモデルハウスを見てしまっては意味がない形となりますので、やはり、家づくりと言う点におきまして、建て売り住宅を検討される場合でしたら、より自分自身の理想に近いモデルハウスを探し出せると言うことが重要であります。もうひとつの注意点としましては、同じ土地でありましても、土地の形で、建築できる土地が違ってしまうと言う点であります。目の前が道路であれば、3階建てが難しい等と言う条件等もありますので、少しユーザーでも知っておけば、事前に最悪の事態を想定できることに繋がりますので、危険予測するのと同じ感覚で、建てることによる法律を抑えていることによりまして、落胆するダメージも防ぐことができると言う形になります。まず、用途地域につきましては、都市計画により建築できる建物の種類が決められておりますので、全部で12種類あり、それぞれで建物の高さや、種類等が決められております。そもそもは住宅がたてられない地域も存在しております。防火地域では、市街地において火災の延焼を防ぐために、指定されている地域で、耐火構造物での建築物か、準耐火構造での建築物でしか建築できない地域に指定されています。その他にも道路の幅制限による影響を受けたり等、自治体の景観による法律等も適用されることとなりますので、自分自身が選定した土地で、法律によりどれだけの制限を受けているか等の内容を自分自身で把握することが必要であります。また、安すぎる土地にそれなりに裏がありますので、そこも受け止めていただきたいポイントであります。